ミニチュア石膏像が百均に……!

人間の頭部の影の付け方が良く分からない……

そんな時には、ミニチュア石膏像ですね。

ということで、八束はかつて、ガチャ玉(って言うんですか? 回転寿司のチェーン店とかスーパーに置いてある)で、ミニチュア石膏像を買い込みました♪

300円なら、お得じゃーん♪

……と思っていたのですが……

先日、セリアでミニチュア石膏像を見かけました
108円ではありませんか!

悔しかったので買いませんでしたが

侮れない百均……。

そういえば八束が今使っている雲型定規、ダイソーで買ったような気がします。

まだ使っていませんが、こちらもダイソーの商品です♪

百均って、意外と侮れませんね~。



ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

読後感が悪くない、ハッピーエンドでないお話の描き方

八束は中学・高校時代、読後感の悪い話でも抵抗なく読んでいました♪
ところが、どういうわけか年を取ると、読後感の悪い話はきついなー、と思うようになりました

仕事帰りの電車の中で読んだ本の読後感が悪いと、疲れが倍増するような気がします

そんなわけで
読後感のいいお話を書きたい!
と強く思うわけですが……。

ちょっと前まで公開していた『赤い鎌、黄色い闇』、読後感が悪かったみたいですね
悪くしないように頑張ったつもりだったんですが、すみません。

読後感を悪くしないためには、ハッピーエンドにするのが手っ取り早いのでしょうけど、
ハッピーエンドじゃないのに、読後感が悪くない作品というものが、不思議と存在しますよね~。

こちらの単行本所収の『歪みはじめ』という作品も、その中のひとつだと思います

冴えない教師が特定の生徒に狙いを定めて、自分の玩具にしてしまう、といったお話で、ハッピーエンドとは言えないはず……。
なのに、不思議と読後感が悪くなかったです

なぜ?
と考えてみたのですが……

あえて感情移入をさせない描き方になっているからかな、と思いました。

この作品の主要登場人物は教師と生徒の二人です。
一般的には短編の場合、どちらかを視点にするかと思いますが、
この作品の場合は冒頭は教師の視点、その後は生徒の視点、最後に教師の視点という風に視点が移っています。
さらに、モノローグを使わない(最低限度の量を、セリフで表現している感じでしょうか)ことで、どちらの登場人物とも、距離を置いた感じで描写されています。

もし、どちらかに視点を固定して、モノローグを使ってしまったりすると、読後感は悪くなるのではないでしょうか。

教師視点で、教師が「計画通り」とほくそ笑むシーンがやたら多かったら、読み手の嫌悪感を煽りすぎてしまいそうです。

逆に生徒視点で、教師の言動に振り回されて、悩んでいるシーンが連続していたら、生徒が可哀そうになってくるか、鬱陶しくなってきそうです。

一場面を挙げると、
教師と生徒が関係を持った翌日、教師の担当する授業で、生徒が席にいないというシーンがあります。
このシーンは、生徒が悩んでいることを示唆しているのだと思いますが、生徒は描かれていませんし、教師のモノローグもありません。
もし、この描写が生徒視点で、生徒が苦悩する様子が直接描かれていたとしたら、かなり重たくなってしまいそうです。

ハッピーエンドでないお話で読後感を悪くしない方法のひとつとして、登場人物を突き放す、というのもありかもしれません♪
共感が得られにくくなるという意味で、諸刃の剣ではありますが……。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村
プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
https://twitter.com/yatuka1889

著書(*´▽`*)


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
カテゴリ
気になる気になる♪





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪