意外とある「死にオチ」ならぬ「退行オチ」

何かネタはないかなーと、昔に作ったネームやらプロットやらを漁っていた八束ですが……

作った本人も、その存在を全く忘れていたプロットが出てきました!
最後に主人公が、ショックのあまり記憶を失って退行するというオチでした

個人的には好きなタイプの話だったんですが、投稿先がないということで、放置することになったみたいです……

「死にオチ」ならぬ「退行オチ」とでも言うんでしょうか? 
投稿作に向くかどうかは別問題として、世の中には意外と、記憶障害で退行する話は、あるみたいです。

例えば、このドラマでもそんなシーンがありました。


手元にDVDがないのでうろ覚えですが……
事故死した同級生の誠くんに恋心を抱いていた留加くんは、ショックのあまり昏睡状態に陥り、目覚めたものの記憶を失っていました(何歳までの記憶しか残っていないというような説明を母親がしていたと思いますが、忘れました)。
何もかも忘れてしまったかに見えた留加ですが、飼っているハムスターに「誠」と微笑みかけます。

なかなかステキなシーンでした♪

そして、こちらの名作マンガにも、衝撃のシーンが……!

「トップモデルの亜美には、実の親を知らないという秘密があった。ある時、母親が誰であるかを知った亜美は、そのショックで車の衝突事故をおこし、モデルの道を閉ざされてしまう。
母親を見返すため、結城コンツェルンの朱鷺の手を借りてデザイナーになる事を選ぶ亜美だったが……。」
とのことですが……

八束としては、主人公の亜美には興味がありません。(←おい!
亜美の恋人である朱鷺と、その秘書との強い絆のほうが、色んな妄想を駆り立てられて、面白かったです

亜美を失ったショックで、朱鷺は10歳より後の記憶を失います。
「大好きだよ 柾(秘書の名前) 柾が一番好きさ」と朱鷺は言い、秘書が妙に嬉しそうなのが印象的でした
こちらにも、記憶を失ったはずの朱鷺が、亜美の名を呟くシーンがありますが、八束的には「そのコマ要らない!」という感じですね(←おいおい……

意外と、「退行オチ」は存在するようですね~。
真剣に探せば、もっと見つかるかもしれません♪

でも、どう見ても、ハッピーエンドとは縁遠い話ですよね……

プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
https://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪








おすすめ♪