『源氏物語』衝撃シーンの思ひ出

前回の添い寝つながりですが……

小学校高学年の頃から高校時代に、マンガを描く上での八束のバイブルだったのは、大和和紀先生の不朽の名作『あさきゆめみし』です。


溜息が出るくらい、着物が綺麗です
「本物よりも、より美しく」と言う感じのデフォルメが、人間業ではありません。
実は八束は、デフォルメされていることを知らずに模写しまくっていた時代があったりしますが……。

さて、高校時代の八束は、『あさきゆめみし』オタクでした。
当然、『源氏物語』の原文にも手を出すわけですが……

まだまだ純情だった高校生の時に、衝撃のシーンに出会ってしまいました!

空蝉巻の冒頭、
光源氏が、空蝉(恋人の中の一人です)の弟である小君と同衾しているシーンです。
つれない恋人(空蝉)を思いながら、「君だけは冷たくしないで」などと甘く(?)囁きつつ、弟くんと添い寝する源氏の君ですが……(ここまでが帚木巻です)

以下、衝撃の原文です。(電子図書館 書籍デジタル化委員会 から引用させていただきました)
 
 寝られたまはぬままには、「我は、かく人に憎まれてもならはぬを、今宵なむ、初めて憂しと世を思ひ知りぬれば、恥づかしくて、ながらふまじうこそ、思ひなりぬれ」などのたまへば、涙をさへこぼして臥したり。いとらうたしと思す。手さぐりの、細く小さきほど、髪のいと長からざりしけはひのさまかよひたるも、思ひなしにやあはれなり。

原文のままだと分かりにくいので、僭越ながら八束が適当に訳させていただきました。10年以上古文から離れている上、辞書も引かず適当に訳したので、間違っているかもしれません。

源氏の君は、眠れないのにまかせて、「女にこんなに冷たくあしらわれたのって、初めてだよ。今夜ばかりは、初めて男女の関係って思うようにいかないんだって知ってしまったから、もう女に顔向けできなくて、生きていけそうもない気分になってしまったよ」などと仰ると、小君は涙まで零して横たわっています。そんな小君に、源氏の君は、「すごくかわいい子じゃん」と思いました。手で探ってみると ほっそりして小柄な様子、髪がさほど長くない様子など、空蝉とよく似通っているのも、気のせいか愛しく思えます。

弟くんの体を、しっかり、まさぐってる……!

これは完全に、まさぐってますよね!!
真っ暗な寝室の中で、身体が細くて小さい感じだの、まさぐらずに、分かるわけがありません。

まさぐる……漢字表記すると「弄る」です!

真っ暗の中、ごそごそと手触りなんかを確かめているわけです。服の上からなのかどうかも、疑いたくなりますよね
服の中に手を突っ込んで、素肌を直に撫でまわして……くらいは、していても、おかしくなさそうじゃないですか?

はあ、はあ……(荒い息)

『源氏物語』を手に、下世話な想像を膨らませて興奮している高校生って、ちょっと嫌ですが
当時、かなり衝撃的でした。

もちろん、堂々と緊縛シーンを書くようになってしまった今となっては、この程度では衝撃を受けませんが

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

コメント

Secret

プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
http://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪








メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪