『沈黙の町で』

中学や高校を舞台にしたお話を作ると、往々にして、いじめ関係の描写が入りがちだと思います。
八束も、小説・マンガともに、その手の描写をしたことがあります。

八束が昔に描いたマンガに、
高校で同級生からいじめの標的にされている主人公が、自殺したいというか、消えてしまいたい、という感じの心情になって、遺書を手に、あてもなく歩くという冒頭のものがありました。

そのマンガを出版社に持ち込みした際、とある編集部の方から「主人公が、いじめられっ子っぽくない」との指摘をいただきました。
現実的には、きっかけさえあれば、どんな子でもいじめられる側に回ることはあるような気がしますが、
どうやら八束は、いかにも、いじめられっ子っぽい雰囲気の人物を描けないようです

先日、積読本の中の一冊である、こちらの本を読みました。


ある小さな町で、中学2年生の男子生徒が部室の屋上から転落し、死亡します。
その男子生徒は、校内でいじめを受けていました。
事故か自殺か、あるいは他殺か?
男子生徒の死をめぐって、男子生徒の遺族、いじめの加害者とされた生徒とその家族、学校、警察等、複数の視点から描いた群像小説です。

奥田英朗氏の作品は『無理』『最悪』『ララピポ』くらいしか読んだことがありませんが、
実際に似たようなタイプの人間がいるよな、と思えるようなリアルな登場人物が特徴だと思います。

この『沈黙の町で』の、転落死した男子生徒は、いかにも、いじめられっ子という雰囲気で描かれています。

善悪は別にして、
こういう言動をすれば、いじめの標的になりそうだな……
と思えるような描写が、散りばめられていました。

読んでいて、とても不快で、辛かったのですが、
かつて編集部の方がおっしゃっていた「いじめられっ子っぽい」というのは、こういう描写のことなんだろうな、と思いました。

『沈黙の町で』の転落死した男子生徒の描写にはあって、八束の描いた登場人物にないのは何だろう?
と考えてみました。

違いは色々ありますが
「自分はいじめられてなんかいない、と思いたい」という感情の有無が要のような気がしました。

いじめられっ子っぽい描写をしたければ、いじめのターゲットにされているという事実の受け入れを拒否する描写が必須、というのが、現時点での八束の結論です。

……八束が描きたい感じのキャラではないので、描く予定は今のところありませんが……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

コメント

Secret

プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
http://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪








メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪