『顔のない自刻像』更新しました♪

エブリスタで連載中の『顔のない自刻像』を更新しました(*^^*)
https://estar.jp/_novel_view?w=24228422

次の更新予定日は、11月3日です♪
来週火曜日は、諸事情あって、お休みさせていただきます。

高杉君が安住先生のことを忌み嫌っている状況が、まだ続いています(>_<)
高杉君ってば、しつこいなー、と思いながら書きましたが、次回には解消に向かう予定です♪
読んでくださっている方々が、退屈していないことを願うばかりです。

ところで、作中で早志くんが、何やらもっともらしい(でも、何だかずれている)発言をしていることがあります。

「出来事そのものには善悪はない。ある出来事が吉事になったり凶事となったりするのは、捉え方しだいだ」
↑こういう発言です。

彼は、自己啓発書の類を読みまくっているという設定のキャラです。

そんな彼の台詞を考えるために、八束も自己啓発書なるものを数冊読んでみました。
どの本も、だいたい似たようなことが書いてあるような気がしますが、八束の気のせいでしょうか?

そして、時々記入式になっている本がありますが、図書館の本に書き込むのは、本気で止めたほうがいいと思います

「年収一億円のスーパープロフェッショナルセールスマンになる」
といった、読んでしまった側が赤面するような内容が、大量に書き込まれている、イタい本を借りちゃったことがあります

笑っていいのか、微妙な感じでした……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『顔のない自刻像』更新しました♪

エブリスタで連載中の『顔のない自刻像』を更新しました(*^^*)
https://estar.jp/_novel_view?w=24228422

なんとか火曜日に更新できました
次は金曜日です。頑張ります♪

高杉君が安住先生のことを忌み嫌っている状況が少し続くので、書き手としてはノリが悪いです

実は当初の設定では、高杉君は即日さらっと安住先生のことを許してしまうのですが、
「それは変だろ!」というご意見をいただき、変更してみました。

どうも八束は、受けは常に、攻めのことが大好きでないと、落ち着かないようです。
何をされても喜んでついていくような、異常系(?)М気質の受けしか、受け入れられないのでしょうか…

ちなみに、こちらのマンガは、八束にとって数少ない、新本で購入したマンガです。


上巻はすごく好きだったのに、中巻は、受けが攻めを嫌うという、八束が最も苦手とする展開になってしまいました
自分の嗜好の方が変だと解ってはいるのですが、悲しかったです

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『顔のない自刻像』更新しました♪

エブリスタで連載中の『顔のない自刻像』を更新しました(*^^*)
https://estar.jp/_novel_view?w=24228422

一応、火曜・金曜に更新しようと思っていますが、書き溜めたぶんがないため、どうなるかは本人にもちょっと分かりません
よろしくお願いいたします♪

ところで、だいぶ前に、『顔のない自刻像』の参考にしようと、小説を買ったはずなのですが、見当たらず……
探していると、読んでいないマンガが出てきました。

このマンガ、買ってたんですね~。
すっかり忘れてました
『イノサン』を読んだ直後だったので、多少見劣りしてしまった部分はありますが、やっぱり綺麗な絵です

八束はマリー・アントワネットのことが嫌いじゃありませんが、なぜかこのマンガで描かれている彼女には、何となくイラッとしました。多分、八束が好きな人物像じゃないだけでせう

とはいえ、巻末の資料も参考文献も良かったので、買って損はない一冊だと思います♪

それはともかく、
本命の参考資料を探さないと……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『パッとしない子』

八束は読解力に自信がないので、いわゆる「信頼できない語り手」を使った小説は、大の苦手です
ついでに読後感がすっきりせず、もやもやしてしまうし……。

高校時代に読んだ、芥川龍之介の『藪の中』も、複数の「信頼できない語り手」が互いに矛盾する証言をする話で、面白かったのですが、「結局何だったんだ!」と心の中で叫んだ記憶があります

こちらの小説も、「信頼できない語り手」の小説です。


主人公は小学校の先生です。国民的アイドルになった昔の教え子が、母校を訪ねて来た時に、主人公に話がしたいと言い出すのですが……。

辻村深月さんの小説を初めて読みましたが、意外なオチもあり、面白かったです。
最初のほうは、ほのぼのした話かな~、と思っていたのですが、アイドルと話すうちに、どんどんドロドロしたほうに……!
八束は個人的に、学校の先生に関していい思い出があまりないので、アイドル君のほうに肩入れしつつ、読み進めました♪

さて、この主人公ですが、まさに「信頼できない語り手」です。
意図的に歪めるというよりは、記憶があいまいというほうに近いのですが、
「そんなこと言ってない」と主人公が心の中で叫ぶシーンの数ページ前のシーンで、「そんなこと」に該当する言葉を言っているなど、信頼できないぶりが半端ないです

「信頼できない語り手」の小説は、やっぱり分かりにくいところがあり、八束としてはちょっと消化不良感が残っています
でも短い小説ですし、アマゾンのプライム会員は無料で読めるようなので、よかったらぜひご一読ください

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『顔のない自刻像』更新しました♪

エブリスタで連載中の『顔のない自刻像』を更新しました(*^^*)
https://estar.jp/_novel_view?w=24228422

ようやく安住氏が本性を現して、書き手としてはちょっと楽しいところではありますが、
そろそろ書き溜めたぶんがなくなり、焦りもあります

いつ更新するか決めないとサボってしまうので、原則金曜日に更新する予定にします(怪しい…)。
よろしくお願いいたします♪

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

憧れの唐菓子♪

時代物の小説を書いてみようと思い立った八束ですが……

八束の書いた小説やマンガには、なぜか菓子類がよく登場します。
『緊縛遊戯の行方』では、目立つお菓子シーンはなかったと思いますが、ボツにしたエピソードの中に、ロールケーキが登場していました。
『イーヴィルアイに宿る色は』では勢田君がチョコレート好きですし、『顔のない自刻像』でも、クッキーが登場する予定です♪

歴史物だと、どんなお菓子を登場させられるのでしょうか?

フランス革命あたりの時代なら、マカロンとかクグロフとか、華やかなお菓子がありそうですが、
八束が書けそうなのは、奈良時代か平安時代……。
優雅にティータイムとか、してなさそうです

せいぜい、ミカンとか栗とか、そのあたりでしょうか。
なんか果物系って、ちょっと地味ですよねー。

お菓子を登場させる必要性があるわけではないのですが、ないと八束的に味気ないし……。

……などと悩んでいたわけですが、
奈良パークホテルというところで、奈良時代の宮廷料理を現代風にアレンジして復元した「天平の宴」というメニューがあると聞いたので、さっそく行ってみました♪

こんな感じのメニューで、充実の内容でした
天平の宴
↑この写真は展示物で、八束が食べたものではありません。

そちらの詳細は、また機会があれば……というわけで、メイン(?)のお菓子ですが……

こちらが唐菓子です!
唐菓子

「日本の和菓子の原点。荒引き小麦粉に塩と胡麻を入れて練り上げ、胡麻油で揚げたもの」だそうです。
右上が環餅(まがり)、右下が餢飳(ぶと)、左が索餅(むぎなわ)だそうです。

……固っ…!!
そして、しょっぱいです

さらに……
餢飳の中に小豆餡が入っていると聞いたので、すごく期待しながら食べたのですが、
塩味の餡でした

八束の中では、「お菓子=甘い」という思い込みがあるので、かなり衝撃的でした

「唐菓子」をネット検索すると、甘葛を混ぜて作るという説明をちらほら見ますので、
もしかすると甘いものもあったのかもしれません。
でも、甘かったとしても、ほんのり微糖、みたいな感じじゃないでしょうか。

甘葛といえば、
遥か昔に、NHKの『まんがで読む古典』という番組で、
ツタの茎を縦笛を吹くように咥えて息を吹き込んで、樹液を抽出して、それを煮詰めていたのを見た覚えがあります(うろ覚え)。
「唾液入り? なんだか汚そう」とか思ったり……ごにょごにょ

……それはともかく、なかなか面白い体験でした♪

まあ、小麦粉の揚げたものをバリバリ食べながら「しょっぱいものを食べると、水が飲みたくなるな」とか言いながら語らうシーンというのも、絵にならないので、小説に登場させるのは見合わせようかと思っています

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『顔のない自刻像』連載再開しました♪

エブリスタで書きかけのまま放置していた『顔のない自刻像』の続きを更新しました(*^^*)

おおよその内容は決めていますが、まだ完成させていないので、まったりペースの更新になりますが、最後まで書こうと思います。
気長によろしくお願いいたします
http://estar.jp/_novel_view?w=24228422

ついでに、完結した『赤い鎌、黄色い闇』も、よろしくお願いいたします♪
http://estar.jp/_novel_view?w=24816009

石化は、八束にとって子供の頃からの、密かな萌えネタ(?)でした
後ろを振り向くなと警告(?)されたのに、振り向いてしまったら石化した、とかいう伝承、なんかありましたよねー(うろ覚え

そういえな、「振り向くこと=呪いをかけること」という解釈があると、昔、聞いたような気がしますが……
いつ聞いたんだろう?

うんうん唸って考えてみると、どうも1994年1月~3月期に放映されたNHK人間大学「古代日本人の宇宙観」という番組だったようです。
古っ

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村
プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
http://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪






メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪