好きです! 冒頭と最後がリンクしている作品

冒頭と最後がリンクしている作品って、すごく整った感じがしますよね♪
八束は様式美重視派(?)なので、そういう作品、大好きです

自分で描いたマンガや小説でも、冒頭と最後がうまくリンクした時は、すごくテンションが上がります
めったにうまくいかないのですが……

さて、前回取り上げさせていただいた、こちらの単行本所収の『アンダーグラス』ですが

この作品も、冒頭と最後が、しっかりリンクしていました!

まず冒頭ですが
主人公が帰宅するシーンから始まります。
主人公は「ただいまー」と声を掛けながらも「…って返事があるわけじゃないけど」と心の中で呟き、部屋に入ります。
そして、服を脱ぎ、蛇とまぐわうという、彼の秘密が描かれます。
まぐわいながら主人公は、自分のことを「もうどこかおかしいのかもしれない」と思います。

それと並行して、モノローグで
「ドア一枚を隔てたここに 僕だけの森があることを 誰も知らない」「隣人すら 夜毎僕が還る森を 誰も知らない」
と語られています。

この後、主人公の勤務先での評価の高さ、主人公に思いを寄せる女子社員が描かれます。そして主人公は、その女子社員に言い寄られます。
主人公は受身ながらも「僕をここから連れ出してくれるだろうか」という期待を抱きながら、女子社員を受け入れようとします。
でも結局主人公は女子社員を、人間の体温が苦手という理由で拒絶してしまいます。
主人公は、女子社員とうまくいかなかったことに失望しながらも「僕はここでいい」と、蛇とまぐわいます。
女子社員は翌日、再び主人公に好意を伝えようとしますが、主人公は微笑みながら「ごめんね」の一言で拒絶します。

そして最後のシーンですが、
こちらもやはり、帰宅するシーンです。
主人公は、隣人と普通に挨拶を交わしてから「そうだ 何も悪いことなんてしてない」と心の中で呟きながら鍵を開け「ただいま」と声を掛けながらドアを開いて部屋に入っていきます。
それと並行して、モノローグで
「普通の日常が 苦痛なわけではない」
「ごくあたりまえに仕事をし ごくあたりまえに人と接し生活する それだけだ」
「それをくりかえすだけ」
「あの森へ帰るために」
と語られています。

主人公は最後まで、疚しさを払拭できずにいます。(疚しさがあるからこそ「悪いことなんてしてない」という言葉が出てくるのだと思います)
それだけに、最後のシーンに漂う諦観が、すごく切ないです!

少し気になったのが、冒頭と最後のモノローグでの「還る」と「帰る」の使い分けですが、
「還る」は「普通の日常」と「僕だけの森」を循環しているようなイメージで、「帰る」は「僕だけの森」のほうを自分の居場所と認識したような感じではないかと、八束は思いました。
……でも、あまり自信はありません

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

成長しない主人公はダメ?

短編マンガの定番といえば、「経験を通じて、主人公が少し成長する」という感じのお話ではないでしょうか

八束もそんな感じのマンガを目指して、何作か描いてはみたものの、
必ずしも変わらなくてもいいんじゃないの?
とも思っていました。

とはいえ、主人公が自分を変えたいと思い、何らかの動きを見せる(もしくは、動こうとする)ものの、「やっぱり、このままでいい」と、自分の世界に戻ってしまう……というのでは、あまりにも自己完結的すぎて、面白くないお話になっちゃいそうだな~、とも思いました

ところが
主人公が変わらなくて、自己完結的で、それなのに面白いマンガを発見しました!



短編連作集で、どの話の主人公も、人には言えない秘密を隠し持っています。
どの作品も妖しい雰囲気があって好きなのですが、この中で、第四話のアンダーグラスが、まさに八束が考えていた、変わらない主人公です。

主人公の会社員は、社内での評価も高い人物ですが、蛇を偏愛しています。
そんな自分に疚しさを感じ、「普通」になろうとして、自分に好意を寄せて来た女子社員と関係を持とうとしますが、結局彼女を受け入れられず、拒否してしまいます。そして、「僕はここでいい」と、自分を変えることを諦めます。

概要を書くと、
これでいいのか?
という感じも、しなくもないのですが……

蛇とまぐわう(?)主人公が、めちゃくちゃエロいです!
そして、女子社員を拒んだ時の主人公が、ものすごく冷たい雰囲気で、ゾクゾクします!

読んで大満足♪なお話でした

……ということは
主人公が成長しなくても、面白いお話はある!
ということみたいですね。
面白くなくなるのは、八束の力量不足が問題なのでせう

とはいえ、主人公の成長というカタルシスがない分、
他の部分でそれを上回る魅力がなければいけないようです。
この作品だと、やはりモチーフの蛇の使い方が大きいのではないでしょうか。

……なんだか、成長するお話よりもハードルが上がっているような気がします

やはり初心者は、主人公が成長するお話を目指すべきなのかも……。
ちょっと諦め気味の八束でした

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

女子はパンケーキと聞くだけでテンションが上がる?

「女子はパンケーキと聞くだけでテンションが上がる」という台詞をどこかで見たような気がしますが……

パンケーキ1
こちらは、自称パンケーキマニアの知人に連れられて来たお店のパンケーキです

テンションが上がるパンケーキといえば、ホイップクリームや果物がてんこ盛りというイメージがありますが、こちらは見るからに地味なパンケーキです。
でも、ふわふわ系が好きな八束には、堪りませんでした
スフレとか、マシュマロとか、ふわふわしたものが、大好きです!

そんなこんなで、ふわふわパンケーキを前に、八束のテンションは上がり放題でした
八束も、「女子」の一員と認定されたようで、二重の感動です!(←何のことやら……

冒頭の台詞ですが、こちらのマンガが出典でした!


八束は一時期、別冊マーガレットを読んでいたので、中原アヤ先生のマンガは、何作か読んだことがあります。
「きっと関西人だろうな~」と思うような(違っていたらすみません)テンポの良さが好きです♪

『ダメな私に恋してください』もテンポがよくて、サクサクと読めます。
悪人が登場しないところも、魅力的です!
主人公を騙すポジションのキャラクターさえ、どこか憎めない人なんですね~。作家さんの人柄でしょうか。

八束は、どす黒いものを胸の内に抱えているようなキャラクターが好みなのですが、こういう健全なマンガを読んでいると、「八束って、実はけっこう健全な乙女ネコにゃの」と思うことができるので、二度おいしいです♪(←単なる思い込み?)

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

文明の利器! 置換機能

突然ですが、八束は極度の機械オンチです。
マンガ製作も当然アナログです♪

そんな八束でも、小説はパソコンで書いています。
しかし、何とか文字は打てるものの、ワードの機能はあまりよく分かっていません

先日更新したばかりの『イーヴィルアイに宿る色は』を読み直していたら、かなり恥ずかしい間違いを発見してしまいました。

なんと、登場人物の名前が間違っていたのです

この小説はもともと『緊縛遊戯の行方』と土台が同じで、原案では主要登場人物の名前が『緊縛遊戯の行方』と同じ名前でした。なので、文章に手を加える際に、名前を全部手動で修正しました。
綺麗さっぱり直したつもりだったのですが、残ってしまった箇所があったようです

ショックを受けた八束が、ジバニャンに慰められながら昼ご飯を食べていると……
ジバニャンのパン
↑こちらが昼ご飯のクリームパンです。三角巾からはみ出た(?)耳がかわいいです

知人がさらりと一言、
「置換機能使えばよかったのに」

……え? 置換?
そういえば、確かにそんな機能があるらしいことは、なんとなく知ってはいたのですが……。

これからはちゃんと置換機能を使って修正しようと、心に誓う八束でした。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村
プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
http://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪






メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪