八束が大昔に使ったマンガの描き方指南書

最近はマンガの描き方に関する指南書が大量にありますが、昔は少なかったような気がします。
八束は無知だったせいか、大学生になるまで、この一冊しか持っていませんでした。
少女コミックを描く

本棚の奥から出てきたので、改めて読んでみました。
今でも参考になる部分もあり、なかなか面白かったです♪

おおっ、懐かしい……!
と思ったのは、ガーゼやスポンジに墨汁をつけて、ハンコのようにペタペタと原稿に当てるという表現方法が紹介されていたページです。今時、そんなことをするマンガ家さんはいらっしゃらないでしょうけど、昔はよく見かけました。
処理方法のページ
そういえば、このページで、タバコのフィルターに墨汁をつけるという使い方が紹介されていたのを見て、お子様時代の八束は、親のタバコをくすねて、ばれて叱られたという、イタい思い出があったりします。

ん?
左下の、完成図として掲載されている絵の左側に、なぞの文字が!

拡大してみると……
ラクガキ

八束じゃありません!
しかもこのコマ、『長屋王残照記』というマンガで藤原不比等が死去したシーンです。そんなシリアスなシーンに、こんなふざけたラクガキ、しないはずです!

……家族の仕業と思われますが、いったい、何が言いたいのでしょうか?

いまさらですが、八束の家族は不思議ちゃん揃いです。

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

パン屋さんのランチ

「ここのパン、すごく美味しいよ」という知人からのオススメで、先日、パン屋さんでランチしました

ポール外観

オフィス街のパン屋さんだけあって、非常におしゃれな外観です!
パン屋さんを描く予定は当面ありませんが、おしゃれな店舗を描く際に、参考にできそうです♪
観賞魚店とか

ところで、このパン屋さんとは無関係ですが、よくマンガで窓ガラス等を描く時、斜めに線を引きますよね。
こんな感じで。(勝手に人様のマンガのコマを載せるのもなんなので、やむなく八束の自作マンガです。下手なのはご愛嬌ということで♪)
ガラス

……八束は自分で線を引きながら、「ガラスって、こんな風に反射するのか? 見たことないんだけどなぁ」と密かに疑問に思っていました。
八束がよく見かけるのは、上の写真みたいに、向かい側の風景を反射したガラスです。
イラストのような光り方をするのは、どういう状況の時なのでしょうか?
ご存知の方、教えていただけるとすごく嬉しいです! 

話を戻して、
こちらがランチメニューです。
サラダとパンとメインとお茶(超ミニサイズ)のセットです。
サラダ

パン
パンは食べ放題です

メイン
こちらがメインです。量は少なめですが、美味しかったです。

最後にコーヒーがつきましたが、超ミニサイズです
あまりの小ささに呆然として、写真に収めるのを忘れました。

お茶を飲みたければ、近所のスタバにでも行け、ということでしょうか……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

いちご祭♪

「いちご~いちご~」とやたら騒ぎ立てる知人に誘われ、とあるホテルのラウンジで、苺のハイティをいただきました♪
いちごのハイティ

美味しかったです

こういう三段のケーキスタンドが登場するようなシーン、一度くらい描いてみたいな、と思うのですが、
BLだとなかなかそういうシチュエーションにならないですね~。

ただいま連載中の『イーヴィルアイに宿る色は』の勢田君は、甘党男子で、あんまんが好物という設定ですが、
貧乏性なので、こういうものとは縁がなさそうだし……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『イーヴィルアイに宿る色は』(第3回)更新しました♪

ブクログのパブーで、『イーヴィルアイに宿る色は』(第3回)を配信しました♪
http://p.booklog.jp/series/detail/1966

思いのほか、多くの方に読んでいただき、感謝感激です
ありがとうございます

毎週月曜日に更新する予定ですが、
来週5月2日は、ゴールデンウィーク(?)ということで、更新をお休みさせていただこうかと思っています

ご意見・ご感想も、お待ちしております♪
よろしくお願いいたします

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『ジェントルマン』

発売当初から密かに気になっていた小説です


純文学系(?)はあまり読まないので、長々と放置してきましたが、先日書店に行った際に、
「完璧な優しさを身にまとい誰からも愛される青年・坂井漱太郎。その美しくも残酷な本性を知った瞬間、ぼくは恋に落ちた――。」
という帯の言葉に撃沈されて、衝動買いしてしまいました。

ちなみに八束は、山田詠美氏の作品は『晩年の子供』しか読んだことがありません。

似たような雰囲気の話が多い短編集ですが、八束は「ひよこの眼」がとても印象に残りました。
アマゾンのカスタマーレビューでも、やはり何人もの方が「ひよこの眼」に触れられています。

さて、『ジェントルマン』のストーリーですが……
ネタバレですが、一言で言うと、
主人公の夢生は同級生の漱太郎の美しくも残酷な本性に惹かれ、漱太郎の犯した罪の共犯者であろうとするが、結局漱太郎を殺してしまう、といった話です。

「美しくも残酷な本性を知った」というシーンと、主人公が漱太郎に恋していることを漱太郎が知るシーンは、すごく良かったです 
読んでいてゾクゾクしました。
八束もこういうシーン書きたい~と思いました。

このシーンの中で、主人公と漱太郎がキスして、漱太郎が主人公の舌を噛みます。

……すごく萌えました!!

非公開にしてしまった八束の小説『赤い鎌、黄色い闇』でも、キスの途中で舌を噛まれるシーンがあるのですが、
「やっぱり格が違うな~」と思いました。
……当たり前、というか、そもそも比較するのが失礼ですよね……
山田氏のファンの方がいらっしゃったら、大変申し訳ありません<(_ _)>

そんな感じで、最初のほうのエピソードはすごく良かったのに、後になるほど印象的なシーンはなくなり、
最後のシーンに至っては、リアルタイムではなく、事が終わった後に主人公が回想しているだけです。

なんだか、物足りない感じがしました

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『ラブシーンデッサン集』

「人体がまともに描けない~。どうしよう」とパニクっている今日この頃ですが……。
マンガの描き方関係の資料を衝動買いしそうになりましたが、ここはぐっと堪えて、手元にある資料で何とかする方法を考えてみることにしました。

本棚を漁っていると、奥からこんな本が出てきました。
多分、BL漫画を描いてみようと思った時に、衝動買いしたのだと思います。


「ラブシーン」って、全て挿入シーンだったんですね~。
立ち読みする度胸がなくて、中身もまともに見ずに買ったので、分かっていませんでした

そういえば、この本、普通の書店で購入したんですが、レジに持って行くのが辛かったです。
別の分野の本の間に隠すように挟んで、レジに持って行きました。
名付けて、サンドイッチ作戦!
……何のごまかしにも、なってないって

さて、中身を見てみますと……
うーむ 挿入シーンばかり見ても、そんなに楽しいものではないかも……

個人的には、緊縛ポーズデッサン集とかSМプレイデッサン集とか、その辺りが欲しいですね(←八束以外に誰が買うんだ~?!)

そんな戯言は横において、裸体だし、写真よりも真似しやすそう(というか、こんなシーンの写真集があったら、怖いです)なので、とりあえず模写してみました。
「これ、描いてみたい」というものはなかったので、適当に開いたページの絵を選びました。

お手本を横に置いて、見ながら描いたにも拘わらず、ものすごく下手くそでした
あまりにも下手すぎて、写真を載せるのはやめておきます

……下手ぶりは横に置いておいて(←置いちゃダメでしょ!

八束は人体の構造があまりよく分かっていないので、何となく、いい練習になった気がします♪
しかも、ひとつのポーズに対して、カメラアングルを変えた絵が38個も載っているので、「違う角度の絵が欲しい~」という事態になることは、まずなさそうです
上達すれば、「このポーズを、30度右回りにしたポーズを描いてみよう」みたいな感じで自力で描いてみて、後で正解と照らし合わせる、といった練習法もありそうですね

せっかく買った資料ですし、続けてみようかと思います

効果があったと感じたら、また記事にします♪

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『沈黙の町で』

中学や高校を舞台にしたお話を作ると、往々にして、いじめ関係の描写が入りがちだと思います。
八束も、小説・マンガともに、その手の描写をしたことがあります。

八束が昔に描いたマンガに、
高校で同級生からいじめの標的にされている主人公が、自殺したいというか、消えてしまいたい、という感じの心情になって、遺書を手に、あてもなく歩くという冒頭のものがありました。

そのマンガを出版社に持ち込みした際、とある編集部の方から「主人公が、いじめられっ子っぽくない」との指摘をいただきました。
現実的には、きっかけさえあれば、どんな子でもいじめられる側に回ることはあるような気がしますが、
どうやら八束は、いかにも、いじめられっ子っぽい雰囲気の人物を描けないようです

先日、積読本の中の一冊である、こちらの本を読みました。


ある小さな町で、中学2年生の男子生徒が部室の屋上から転落し、死亡します。
その男子生徒は、校内でいじめを受けていました。
事故か自殺か、あるいは他殺か?
男子生徒の死をめぐって、男子生徒の遺族、いじめの加害者とされた生徒とその家族、学校、警察等、複数の視点から描いた群像小説です。

奥田英朗氏の作品は『無理』『最悪』『ララピポ』くらいしか読んだことがありませんが、
実際に似たようなタイプの人間がいるよな、と思えるようなリアルな登場人物が特徴だと思います。

この『沈黙の町で』の、転落死した男子生徒は、いかにも、いじめられっ子という雰囲気で描かれています。

善悪は別にして、
こういう言動をすれば、いじめの標的になりそうだな……
と思えるような描写が、散りばめられていました。

読んでいて、とても不快で、辛かったのですが、
かつて編集部の方がおっしゃっていた「いじめられっ子っぽい」というのは、こういう描写のことなんだろうな、と思いました。

『沈黙の町で』の転落死した男子生徒の描写にはあって、八束の描いた登場人物にないのは何だろう?
と考えてみました。

違いは色々ありますが
「自分はいじめられてなんかいない、と思いたい」という感情の有無が要のような気がしました。

いじめられっ子っぽい描写をしたければ、いじめのターゲットにされているという事実の受け入れを拒否する描写が必須、というのが、現時点での八束の結論です。

……八束が描きたい感じのキャラではないので、描く予定は今のところありませんが……

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

『イーヴィルアイに宿る色は』(第2回)を配信しました♪

ブクログのパブーで、『イーヴィルアイに宿る色は』(第2回)を配信しました♪
http://p.booklog.jp/series/detail/1966

翔くんと勢田の初対面です。
そして、怪しげなイーヴィルアイ・チャームが登場します

毎週月曜日に更新する予定です
ちゃんと更新できるかどうかは、ちょっと怪しいですが……

ご意見・ご感想も、お待ちしております♪
よろしくお願いいたします

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

トミカっていいかも♪

春は片付けの季節~♪
ということで、部屋を片付けていると、昔のマンガの原稿が出てきました。
ついつい片付けそっちのけで中身を見てしまいましたが……

ものすごく微妙な感じのコマがありました

人間と救急車がすれ違っているシーンを、俯瞰で描いているのですが、救急車が微妙に変です
描いた当時も、変なのはなんとなく分かったけど、「まあ、仕方ないか」という感じで諦めた覚えがあります。
だって救急車を、斜め上から見る機会って少ないんだもん!(←言い訳)

そんな時には、これを買うべきだったんですね。


今更気づいても遅いのですが、すごく欲しくなりました

救急車以外にも、色んな車があります♪
こんな高級車も、簡単に入手できちゃいます


車を描く際には、まずはトミカを探してみたらいいのね♪
ひとつ賢くなった気分です

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村

モデル人形負傷!

妖怪不祥事案件ならぬ、モデル人形不祥事案件が発生しました!

先日、スーツの練習用に購入したモデル人形、通称、オヤジ人形君なのですが……

右手を壊してしまいました
手

こういう感じの付け替え式の手を嵌めこむ作りなのですが、なかなか嵌めこめず、結局、嵌めこみ先が折れてしまいました……
手のアップ

ぐすん……。
購入当初から、壊れるのは時間の問題だろうな、とは思っていたものの、やっぱり悲しいです

ところで八束には長年(10年くらい?)連れ添ったダーリンがいます
こちらが、ダーリンと同じ型です。当時は3000円くらいだったような気がします。


ダーリンもオヤジ人形君も、おそらく1/6スケールだと思うのですが、ダーリンのほうが少し小さいです。
なので、オヤジ人形君にぴったりの服も、ダーリンにはかなり大きめです。
ダーリン

1/6サイズの服だからといって買ってみても、人形に合うかどうかは着せてみないことには分からないということなのでしょうか……。
服を買う時には要注意です

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村
プロフィール

八雲八束

Author:八雲八束
BL作家志望の、自称「夢見る乙女ネコ」です。BL小説や漫画を書いています。

なんだかよく分かっていないのですが、ツイッターはじめました。お気軽にフォローしてください♪
http://twitter.com/yatuka1889

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画家志望へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。 よろしければ、ぽちっとお願いいたします!

プライバシーポリシー
気になる気になる♪








メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ♪